京都の博物館

Featured

京都国立博物館京都に住んでいる自称アーティストですが、最写真だけではなく絵画の勉強もしています。最近は研究のために京都の博物館に行き、歴史や文化を考察しています。特に好きな場所が京都国立博物館 (Kyoto National Museum)です。この京都国立博物館は、明治にたてられた歴史のある博物館です。主に平安時代や江戸時代などの京文化を中心に文化財が展示されており、日本の文化財に関する研究としては貴重な文化財が多数保管されています。東京にある東京国立博物館は明治時代に建設されましたが、昔は帝国博物館と呼ばれていました。このような帝国博物館と呼ばれる博物館は京都と奈良にも存在し、京都国立博物館がその一つの帝国博物館です。博物館の設計者は、奈良の国立博物館や東京の国立博物館の設計にも携わった方が設計したもと言われています。そして、明治30年に帝国京都博物館」として開館しましたが、すぐに京都帝室博物館と改称されたといいます。戦後に現在の京都国立博物館と改名され現在にいたっています、ここには多くの国宝が保存されており、日本の貴重な文化財が多数展示されています。とても学びの多い博物館であり京都の歴史や文化の発信源として存在しています。京都には多くの文化遺産がありますが、この博物館はオススメです。

セラピストのスクールでの癒し

友人の奥さんが更年期障害で不調のだとのこと。セラピストのスクールに興味があるようなので、友人としても是非チャレンジしてほしいとのこと。久々に一緒に飲んだ席でちょっとした会話からなので何ともいえないが、人は一生何かを学び、身体を使って社会に貢献している、と実感することがあるのは精神的にも安定をもたらすような気がする。
奥さんは結婚後何不自由ない専業主婦だったようだが、もとは製薬会社の関係に勤める才女だったという。自身も時々サロンでリラクゼーションを受けるうちに、憧れを抱いたそうだ。
仕事というのはどのような仕事でも大変なことだが、人と人、社会とのつながりを持つということは、それ以上の価値があることなのかもしれない。そして、身体と心を使った労働というのは、人間の一番理想的なことかもしれない。

Continue Reading →

白内障の父が雪かき

今年の雪は記録的な積雪ですね。先日父が白内障かもしれないという話を聞いたのですが、雪の日のあとに晴天が続くとかなりまぶしく感じるのではないかと心配です。今はレーザーで手術できるみたいなので早めに受けてほしいと思います。
自分の不調は口にしない性格なので、近所の雪かきも引き受けて黙々と作業しているようです。私が昔使っていたゴーグルが実家に残っていたことを思い出して使ってもらうように伝えました。白内障は紫外線があまりよくないように聞いたことがあるので、気を付けて作業してほしいと思います。今週も天気予報では雪マークが出てしまっていますね。今年はこんなに雪が降って私も生まれてはじめての経験です。

金曜日の夜は出張で参加する予定だったシンポジウムがあったのですが欠席してしまいました。すみません。同僚は参加したそうですが帰りが大変だったようです。今日は電車も普通に動いていますが、もっと被害の大きい地域の除雪が早く進むことを願っています。

農業にも大学校が必要だ!

自然を相手にするだけではない今の日本の農業。ビジネス・経営を学べる大学校が必要です。http://jaiam.afj.or.jp/about/農業経営を学べる大学校です。
受験・入試が終わって進路が決まっている学生さんは春休みを満喫している時だと思います。受験勉強、お疲れさまでした。しかし、人生は一生勉強の連続です。大人になればなるほどその必要性を感じます。

私は大学の博物館巡りもしますが、東京には「食と農の博物館」がありますね。ここも大学の博物館です。一度行ってみたいと思っているので、今度関東方面に行く時には是非寄りたい場所です。大人になっても学べる施設があることは有り難いものですね。
Continue Reading →